相模原市内の路線価の推移(令和4年)
相模原市内の路線価の推移(令和4年)
2022路線価令和4年(2022年)

 


  令和4年分(2022)の路線価が7月1日国税庁から発表されました。
 神奈川県内の路線価(令和4年1月1日時点)は、平均で前年比0.6%上昇したそうです。(前年は、0.4%下落)

  さて、相模原市内の路線価は、みてみましょう。
 
 下表は、昭和61年より相模原市内各地点の路線価を定点観測したものです。
 18地点のうち前年比、上昇7(前年4)地点、横ばい9(前年5)地点、下落2(前年9)地点でした。
 わずかな下落もありましたが全体的には、下落は止まり、安定した印象です。
また、リニアの駅が予定されている橋本駅前と小田急線の大野駅前、小田急相模原駅前は、毎年少しですが上昇しています。

 各駅前を比較してみると
  JR橋本駅みずほ銀行前    59万円(前年比2万円上昇)
  JR相模原駅横浜銀行前    35万円(変わらず)
  JR淵野辺駅横浜銀行前    27万円(変わらず)
  小田急相模大野駅ボーノ入口 90万円(2万円上昇)
  小田急相模原みずほ銀行前  39万円(2万円上昇)
 でした。
2022路線価

お問合せ
平井英長税理士事務所
〒252-0239
相模原市中央区中央2-3-19
(消防署隣、駐車場有)
TEL:042-755-5992
メールでのお問合せ
 
 

税務会計ページはhttps://hirai-taxacc.securesite.jp/